不支給となる根拠

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

障害認定日請求自体は、認定されることが出来れば、遡って受給権が発生します。しかし、実際には、既にカルテが廃棄されたというケースも想定することが出来、初診日の証明が困難だったりすることもあり、障害認定日当時の診断書が作成不能であり、請求すること自体、断念しなければならない状態があるかもしれません。

そのとき、現在の症状でしか請求することが出来ないから、(事後重症)、そのため、最長5年分あたり、みすみす本来もらえることが出来ものをもらうことが出来ないケースというのも実際には多く存在しているようです。実際には、申請書類の提出は早いほど良いとも言われていますが、そのようなモチベーションによって、支給開始も早くなるので、普通に考えるとそれでいいのかもしれませんが、そうでないケースもあるようです。

病状、経過や年金加入歴などそれぞれの人たちがそれぞれの問題を抱えているために、申請時期の判断を間違えるケースも多くあり、ミスすることによって、やはりもらうことが出来る年金を受けとることが出来にくくなってしまうのです。

審査する人たちが一体どのような点を問題視しているのかということも、ある程度理解し、向きあう必要があるのではないでしょうか。障害年金専門の社会保険労務士に相談することも、方法のひとつとして考えてみましょう。