請求の問題

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

いかがでしょうか。まだまだいろいろお話ししなければならないことがありますが、障害年金は複雑とは感じたのではないでしょうか。障害年金は、まず、保険料の納付が規定通り行われているということが大事なことであり、障害年金を受けとることが出来る資格を得ることが出来ていれば、初診日から1年6カ月を経過した日やその障害が治癒した日以後、請求することが出来ます。それを、障害認定日という言い方をします。

複数の障害をお持ちの方々も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。そのような人たちは、個々の障害の状態は障害等級に該当しない場合でも、複数の障害を併せて等級認定されることもあります。それぞれを、併合認定という言い方をします。

または、障害認定日に障害等級に該当しなかったけれど、あとあと傷病が悪化したという人たちもいるかもしれません。そのような認定日請求がでないという方々は、事後重症請求をすることが出来、最初に、症状がおき、障害等級に該当しなかったという方々が、あとあと別の傷病を発症して、複数の病気を併合して、等級に該当するようなこともあり、ここで1、2級での請求をすることが出来ます

障害認定日請求は、認定されることが出来れば、何年遡っても受給の権利が発生します