障害厚生年金

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

障害厚生年金の場合において、 障害等級3級の人たちも支給対象に該当することになります。 最低補償額が設定されることになり、額計算結果が下回る場合、最低の補償額が支給額です。

65歳以上の人たちで障害基礎年金が支給されないケースにおいて、 障害厚生年金だけもらっているという人たちの場合、1,2級に該当しないケースで、障害厚生年金3級の最低保障額が支給されることになります。2級、1級の方々は、障害基礎年金も支給されることになり、配偶者加給年金も加算されることがあります。

障害厚生年金1級 の場合、平成29年4月~において、受けとることが出来る額は、報酬比例部分の年金額の1.25倍 であり、障害厚生年金2級の場合では、報酬比例部分の年金額 、障害厚生年金3級は、最低保障額 584,500円とされ、報酬比例部分の年金額です。

そして、 障害手当金は、 最低保証額1,169,000円、報酬比例部分の年金額の2倍です。配偶者加給年金額は224,300円、1級、2級の障害厚生年金を受給している人たちに生計維持の65歳未満の配偶者があるときは配偶者加給年金が加算されます。いかがでしょうか。やはり難しいと感じたのではないでしょうか。